会長挨拶

平成 29 年度島根県看護協会通常総会において、会長に就任しました秦です。これまで島根県看護協会の役員や会員の皆さまが築いてきた歴史や理念をしっかり受け継ぎ、約 5,700 人の会員に皆さまとともに公益社団法人である看護職能団体として、事業を進めていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

現在、団塊世代が、75 歳の後期高齢者となる 2025 年を見据え、社会保障制度改革の一環として、医療と介護の一体改革が進められています。2018 度は第 7 次医療計画と第 7 期介護保険 (支援) 計画がスタート、診療報酬と介護報酬が同時改定を控え、さまざまな論議がされていますが、こうした中で看護職への役割期待が益々大きくなってきました。

平成 29 年度は医療・看護の動向を踏まえ、地域包括ケア・労働環境の整備・看護の役割拡大・看護基礎教育制度等、変革の時代に求められる看護のありようについて、4 つの重点課題を掲げて取り組むこととしました。行政、関係団体・関連機関、多職種間の連携を深め、活動いたします。

9 月 29 ・ 30 日には、第 48 回日本看護学会 - 精神看護を、県民会館で開催します。
メインテーマ「こころを紡ぐ、地域を紡ぐ、縁を結ぶ 精神看護のさらなる挑戦」
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

公益社団法人 島根県看護協会
会長 : 秦 美恵子

“ 平成 29 年度重点事業 ” : 更なる進化・深化を目指して !