会長挨拶

皆様には日頃より、公益社団法人島根県看護協会の事業推進に、ご支援ご協力を頂きありがとうございます、
本会は、看護の資格 (保健師・助産師・看護師・准看護師) を持つ看護職が任意に加入し、看護職の活動を支援する職能団体です。使命に「人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々 の健康な生活の実現に貢献する」を掲げ活動しています。
昨年来、新型コロナウイルス感染症がまん延し、看護職の皆さまには、それぞれの職場や社会生活において、感染予防や感染者の対応、ワクチン接種など、医療を支える専門職として最善を尽くして頂いていることに敬意と感謝を表します。本会におきましても、引き続き支援を続けて参ります。
令和 3 年度の通常総会は、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、参加者を例年の 3 分の 1 程度に縮小して開催しました。役員の改選を行い、新体制で活動をスタート致しましたのでよろしくお願い致します。
少子超高齢、多死社会、人口減少等人口構造が大きく変化する中で、「医療」と「生活」の両方の視点でケアができる看護職の役割拡大と期待は益々高まっています。時代の変化や社会のニーズに応えられるよう、本会事業におきましても、看護の将来ビジョンに示されている「人々の生涯にわたり、生活と保健・医療・福祉をつなぐ看護」をめざし、役割を発揮するための体制づくりや課題解決に向けて、取組んでまいります。
令和 3 年度は重点政策を 5 項目、重点事業 11 項目を掲げて、事業を進めていきます。また、看護の担い手の確保も大きな課題です。看護の魅力を発信し看護の道に進む人材の確保、やりがいを持って働き続けられる環境作り、潜在看護職の復帰支援等、今年度はさらに強化して取り組みます。
今、新型コロナウイルス感染症に係る対応等も含め、会員の皆さま、看護職の皆さま、そして本会にとっても、大変厳しい状況にあります。今年度は困難に立ち向かい、チャレンジの年になるかと思いますが、そのような時だからこそ共に力を合わせて、未来へとつながる礎となる年にしていきたいと思います。みなさん一緒に頑張りましょう。

令和 3 年 6 月
公益社団法人 島根県看護協会
会長 秦美恵子