協会事業

令和 4年度 重点政策・重点事業、重点課題、基盤強化事業

島根県看護協会の使命に基づき、看護の質向上、働き続けられる環境づくり、看護領域の開発・展開の3つの柱で活動しています。 

令和4年度からは、重点政策・重点事業は4政策11事業としています。短期間での実現が困難である内容は重点課題として整理し、看護協会の運営基盤となる内容は基盤整備事業として取り組みます。 

Ⅰ 健康と療養のための地域包括ケアを支える看護提供体制の構築

Ⅰ-1 地域における健康・療養支援の強化

Ⅰ-2 母子支援のための安心・安全な地域包括ケアシステムの推進

Ⅰ-3 訪問看護師の育成・確保・定着の推進

Ⅱ 看護職の働き方改革の推進

Ⅱ-1 勤務環境の改善に向けた取組み

Ⅱ-2 ナースセンター機能の強化

Ⅱ-3 業務改善とタスクシフトへの取組み

Ⅲ 看護職の役割拡大の推進と人材育成

Ⅲ-1 特定行為研修制度の普及促進

Ⅲ-2 新たな認定看護師制度の普及促進

Ⅲ⁻3 准看護師の課題解決に向けた取組み

Ⅳ 地域における健康危機管理体制の強化

Ⅳ-1 災害発生時における看護支援活動の整備

Ⅳ-2 新型コロナウイルス感染症等の対応体制の整備

重点課題

1.看護師基礎教育の4年制化の推進

基盤強化事業 

1.組織強化に向けた入会促進

2.適切な会館管理・運営

3.看護政策力の強化