継続教育

教育理念

看護職のキャリア開発と自律を支援し、変化する社会のニーズに応えられる質の高い看護を提供できる人材を育成する。

教育目的

  1. 変容する地域・社会のニーズに応え、質の高い看護サービスが提供できるよう看護実践能力の向上をめざす。
  2. 継続的学習に努め、専門職業人として自立し、キャリア開発を図る。

教育の目標

  • 看護の専門領域の知識や技術を深め、自己啓発と職務遂行能力を高める。
  • 最新の保健医療福祉の動向を踏まえ社会のニーズに対応した、より高度で専門的な知識・技術・態度を習得し、看護実践能力の開発・向上をめざす。
  • 看護実践における課題分析と問題解決を主体的に図るための研究能力を高める。
  • 看護管理・教育担当者が、リーダーとして必要な知識・技術・態度を習得し、指導・調整・管理能力の開発をめざす。

継続教育の範囲

教育理念達成のため、各研修プログラムを下記の 5 つに分類、整理した。

教育枠組み

内容

新人を支援する教育 基礎教育終了直後からおおむね 1 年までの新人看護職員を対象とする
ジェネラリストを育成する教育 特定の分野・領域、働く場や形態にとらわれず、あらゆる対象者に対して、従事した領域で、直接質の高い看護サービスを提供することを志向する看護職を対象とする
看護管理者を育成する教育 多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを志向する管理者を対象とする
教育者・研究者を育成する教育 施設内において、継続教育の責任を担う者、部門や部署の教育を担う教育の担当者、新人看護職員研修における研修責任者・教育担当者・実地指導者、看護学生を指導する実地指導者、および、臨床研究指導者を対象とする
協会事業に関連する教育 当協会が企画する事業の推進・普及のために、すべての看護職を対象とする

看護師のクリニカルラダー

日本看護協会は、「看護の将来ビジョン」を達成するために、「質の高い看護人材を育成する教育・研修・資格・認証制度構築」を目的とした基本方針としています。また、研修は、「看護の将来ビジョン」達成を目的として、平成 30 年度より 5 つの新しい分類で構成しています。
つまり、①「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育 ②ラダーと連動した教育 ③看護管理者が地域包括ケアシステム推進するための力量形成に向けた継続教育 ④専門能力を開発する教育体制の充実に向けた継続教育 ⑤資格認定教育の 5 つです。
平成 28 年に日本看護協会は、あらゆる場におけるすべての看護師に共通する看護実践力の指標として、「看護師のクリニカルラダー (日本看護協会版)」を公表しました。島根県看護協会は、今後、島根県内における看護職の学習課題を把握をした上で、「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版) に沿った枠組みでの研修の企画を検討していきます。
 島根県看護協会のジェネラリストを育成する教育において、今年度はレベルの提示をしていません。研修のねらいや内容を確認し受講してください。

<参考>
研修分類(日本看護協会)
分類内容
①「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育 1)新たな社会ニーズに対応する能力支援のための研修
2)政策提言に向けた研修
3)診療報酬に関連した研修
②ラダーと連動した継続教育 1)「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(JNAラダー)
2)「助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)」
③看護管理者が地域包括ケアシステムを推進するための力量形成に向けた継続教育 1)看護管理者を対象とした研修
2)認定看護管理者を対象とした研修
3)これから看護管理を担う人々を対象とした研修
④専門能力開発を支援する教育体制の充実に向けた継続教育 1)施設内教育におけるJNAラダー活用のための研修
2)都道府県看護協会の教育担当者・教育委員対象研修
⑤資格認定教育 1)認定看護管理者教育課程
2)認定看護師教育課程

看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版):看護実践能力の核として必要な4 つの力
1. ニーズをとらえる力 ケアの受け手をとらえ、判断し、その人に適した方略を選択する
2. ケアする力 ケアの実践・評価を行う(PDCA サイクルや看護過程の展開)
3. 協働する力 ケアの受け手を中心に、情報やデータを多職種間で共有し、ケアの方向性を検討、連携する
4. 意思決定を支える力 ケアの受け手が立ち会う場面(治療、最期の迎え方等)において、その人らしい選択ができるための意思決定を支える

看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版):5 段階習熟段階
レベル I 基本的な看護手順に従い、必要に応じ助言を得て看護を実践する
レベル II 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
レベル III ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
レベル IV 幅広い視野で予測的判断を持ち、看護を実践する
レベル V より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択し QOL をたかめるための看護を実践する

他の研修機関との連携研修について

今年度は日本看護協会研修センターからの衛星通信対応研修のほか、島根県立大学看護学部で公開講座として企画された「臨床看護研究計画立案」研修を島根県看護協会と共同し運営することとした。研修申込は他の研修と同様に島根県看護協会で対応する。