島根県看護協会は、島根県の保健師、助産師、看護師、准看護師の自主的に組織した職能団体です。
〒690-0049 松江市袖師町 7-11
TEL. 0852-25-0330
FAX. 0852-25-3157
お問い合わせ

協会のご案内 教育・研修 委員会・支部活動 島根県ナースセンター 県民の皆さまへ
継続教育 教育研修年間予定表 研修会参加要領 認定看護管理者教育 島根看護学術集会 日本看護学会 図書室より 看護倫理
前のページに戻る

継続教育

教育理念

看護職のキャリア開発と自律を支援し、変化する社会のニーズに応えられる質の高い看護を提供できる人材を育成する。


教育目的

  1. 変容する地域・社会のニーズに応え、質の高い看護サービスが提供できるよう看護実践能力の向上をめざす。
  2. 継続的学習に努め、専門職業人として自立し、キャリア開発を図る。


教育の目標

  • 看護の専門領域の知識や技術を深め、自己啓発と職務遂行能力を高める。
  • 最新の保健医療福祉の動向を踏まえ社会のニーズに対応した、より高度で専門的な知識・技術・態度を習得し、看護実践能力の開発・向上をめざす。
  • 看護実践における課題分析と問題解決を主体的に図るための研究能力を高める。
  • 看護管理・教育担当者が、リーダーとして必要な知識・技術・態度を習得し、指導・調整・管理能力の開発をめざす。


継続教育の範囲

教育理念達成のため、各研修プログラムを下記の 5 つに分類、整理した。

教育枠組み

内容

新人を支援する教育
基礎教育終了直後からおおむね 1 年までの新人看護職員、および、新人看護職員を指導する任にある者を対象とする
  1. 新人・初心者のための研修
    ・社会人デビューをあと押し ~仕事の進め方編~
  2. 新人看護職員臨床研修における
    ・助産師集合研修
    ・多施設合同研修
    ・実地指導者研修
    ・教育担当者研修
    ・研修責任者研修
ジェネラリストを育成する教育
特定の分野・領域、働く場や形態にとらわれず、あらゆる対象者に対して、従事した領域で、直接質の高い看護サービスを提供することを志向する看護職を対象とする
  1. 自らを高め、人を育てるための研修
  2. 他の教育機関との連携研修
    ・インターネット配信研修(リアルタイム・オンデマンド)
    ・衛星通信
  3. 緩和ケアアドバイザー養成研修
  4. 訪問看護師養成講習
スペシャリストを育成する教育
特定の分野・領域において、専門性の高い看護実践を提供する看護職を対象とする
  1. 緩和ケア認定看護師教育課程
    (島根県立大学にて開講)
管理者を育成する教育
多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを志向する管理者を対象とする
  1. 認定看護管理者教育課程
    ・ファーストレベル教育
    ・セカンドレベル教育
  2. 医療安全管理者養成研修
教育者・研究者を育成する教育
施設内において、継続教育の責任を担う者、部門や部署の教育を担う教育の担当者、看護学生を指導する実地指導者、および、臨床研究指導者を対象とする
  1. 看護研究指導者研修(島根県立大学との連携事業)
協会事業に関連する教育
当協会が企画する事業の推進・普及のために行う研修・教育で、すべての看護職を対象とする
  1. 島根看護学術集会
  2. 看護職再就業チャレンジ講習
  3. 職能・委員会による研修


受講者の看護実践能力に応じた学習段階設定

この指標を用いて、それぞれの看護職が自らの実践段階と対比させ、自身が学ぶべき学習内容を含んだ研修を選択できるよう提示した。

▼レベル I
臨床能力項目 実践能力
看護実践能力 所属する看護職場の基本的な看護実践 (基本的な看護技術、看護過程の展開など) ができる。
組織的
役割遂行能力
責任の最も軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす。看護チームでは、フォロアーやチームメンバーの役割、病棟での係としては簡単なルーチーンの係の役割を遂行できる。
自己教育
研究能力
自己の教育的課題を指導によって発見することができる。

▼レベル II
臨床能力項目 実践能力
看護実践能力 所属する看護職場で、日常的に必要とされる看護実践は、ほぼ単独で実施できる。
組織的
役割遂行能力
所属する職場で、日常的な組織的役割が遂行できる。看護チームでは、チームリーダーやコーディネーターの役割、病棟での係としては、創造的能力を要求される係の役割を遂行できる。
自己教育
研究能力
自己の教育的課題達成に向けた教育活動を展開することができる。

▼レベル III
臨床能力項目 実践能力
看護実践能力 所属する看護職場で、高度な看護実践を行い、さらにモデル的な看護実践の教示をすることができる。
組織的
役割遂行能力
所属する職場で、特殊なまたは専門的な能力を必要とされる役割、または指導的な役割(学生指導、業務改善係、学習会係、教育委員、リスクマネージメント係など)を遂行できる。
自己教育
研究能力
自己の教育活動に積極的に取り組むとともに、教育活動について指導的な役割を実践することができる。

▼レベル IV
臨床能力項目 実践能力
看護実践能力 論理的知識と実践的知識を応用し、全人的でありかつ分析的看護を効率的に実施することができる。
組織的
役割遂行能力
所属を超え、看護部や病院から求められる役割、成果の問われる責任の重い役割(ジェネラル・リスク・マネージャーなど)を遂行できる。
自己教育
研究能力
単独で専門領域や高度な看護技術等についての自己教育活動を展開することができる。組織的研究活動を実践できる。
日本看護協会編 : 「ジェネラリストの標準クリニカル・ラダー」について、平成 17 年版 看護白書、p.197-209 、2003


他の研修機関との連携研修について

今年度は日本看護協会研修センターからの衛星通信対応研修のほか、島根県立大学看護学部で公開講座として企画された「臨床看護研究計画立案」研修を島根県看護協会と共同し運営することとした。研修申込は他の研修と同様に島根県看護協会で対応する。
交通アクセス・お問い合わせ リンク 個人情報保護方針 新型インフルエンザ等対策業務計画