島根県看護協会は、島根県の保健師、助産師、看護師、准看護師の自主的に組織した職能団体です。
〒690-0049 松江市袖師町 7-11
TEL. 0852-25-0330
FAX. 0852-25-3157
お問い合わせ

協会のご案内 教育・研修 委員会・支部活動 島根県ナースセンター 県民の皆さまへ
職能委員会活動 委員会活動 支部活動 機関誌『あかね雲』 医療安全 災害看護 WLB 推進
前のページに戻る

職能委員会活動


保健師職能

保健師職能委員会は貴方の加入をお待ちしています。
ぜひ一緒に保健師のスキルアップをしましょう!

入会についてはこちらをご覧ください。


平成 27 年度

平成 27 年度 各種事業報告書

2016-05-19

保健師職能の各種事業報告書は、日本看護協会のホームページからダウンロートできます。

http://www.nurse.or.jp/home/publication/index.html






活動方針と計画

2016-02-04

  1. 活動目標
    統括保健師の配置推進と現任教育の充実

  2. 活動方針
    ★保健師活動指針に基づく保健活動の推進や統括保健師の配置推進に向けて理解促進を図る。
    ★保健・医療・福祉・産業・教育の場で働く保健師一人一人が効果的な活動を展開するための資質向上を図る。

  3. 活動計画
    ① 研修会の実施
    ・保健師職能研修
    H27.10.24(土) ・・・地域包括ケアシステムにおける保健師の役割について
    H28.2.21(日) ・・・統括保健師の配置促進について (県の健康推進課と共催実施)
    ・三職能合同研修会
    H28.2.6(土) ・・・特定行為研修制度の活用について
    ② 保健師職能だよりの発行 : 年 1 回
    ③ ホームページを活用した情報提供等
    ④ 会員拡大に向けての働きかけ




第 2 回保健師職能研修会開催 !! ~中堅期・管理期の保健師等研修会~

2016-04-13

2 月 21 日に出雲保健所にて、「統括保健師の配置を促進する」をテーマに研修会を開催しました。今回は保健師職能委員会、全国保健師長会島根県支部、島根県健康推進課の 3 者合同開催としたこともあり、中堅期・管理期の保健師のみなさんを中心に、74 名とたくさんの方にご参加いただきました。研修内容も、統括保健師配置の必要性・役割からその支援体制までと、充実した研修となりました。




島根県 牧野医療統括監のあいさつの様子

岡山県瀬戸内市健康福祉部 谷本さん



会員拡大に向けて・・・

2016-04-13

2 月 21 日の研修会にあわせて、保健師会員拡大に向けて、保健師職能委員長より、研修会出席者へ、看護協会への加入の呼びかけを行いました。
まずは看護協会がどのような活動をしているのか知ることからです (添付チラシを参照ください)。これからの私たち保健師の活動について一緒に考え、島根の保健師のチーム力で、地域へ発信していきましょう !!






ここにある「伝承の息吹き」~島根の保健師活動~

2016-04-13

第 2 回保健師職能研修会にて、全国保健師長会島根県支部 天野支部長から紹介がありました。この本は「先輩保健師のみなさんが、何を考え、どう活動してきたのかを記録として残そうとしたもの」であり、「この本を活用し、今の基盤があるのはどういうことがあって成り立っているのか、是非若手保健師と共に話し合いをしてほしい」とお話しいただきました。
購入希望者は、各保健所の支部連絡員までお問い合わせください。1 冊 500 円にて頒布されています。






第 1 回保健師職能研修会を開催しました !!

2016-02-04

10 月 24 日 (土) に出雲保健所において、「地域包括ケアシステムにおける保健師の役割とは」をテーマに研修会を開催しました。






「看護の日のつどい」でまちの保健室を行いました !

2015-05-19

5 月 9 日土曜日、看護の日のつどいで「まちの保健室」を行いました。当日は、「保健師になるためには ? 」や「保健師の活躍の場の紹介」などを展示し、学生さんにみていただいたり、血圧測定や健康相談、骨密度測定などを行い、多くの人に立ち寄っていただきました。
(健康相談 40 人、血圧測定 40 人、骨密度測定 14 人










平成 26 年度

活動方針と計画

2014-08-07

  1. 活動目標
    保健師活動の体制確保と機能強化

  2. 活動方針
    1. 保健・医療・福祉・産業・教育の場で働く保健師の情報交換の場を設定する。
    2. 保健師活動指針の活用推進や統括保健師の配置推進に向けて理解促進を図る。

  3. 活動計画
    1. 研修会の実施
      ・三職能合同研修会
      H26.10.18(土) ・・・在宅ケアについて
      ・保健師職能研修
      H26.11 月予定 ・・・人材育成について
      H27.1.15(木) ・・・管理期、統括保健師の役割機能を学ぶ (県の健康推進課と共催実施)
    2. 保健師職能だよりの発行 : 年 1 回
    3. ホームページを活用した情報提供等
    4. 会員拡大に向けての働きかけ (職場訪問させていただく予定です。)
    5. 保健師活動基盤調査 (web 調査) の実施
      回答率向上のための周知・声がけ





保健師職能だより

2014-08-07

保健師職能だよりを発行しました。






第 2 回保健師職能研修会を開催しました !!

2015-02-02

1 月 15 日 (木) に出雲合同庁舎において、島根県健康福祉部健康推進課と共催で「統括保健師の役割・機能を学び、自組織の体制づくりにいかす」をテーマに中堅期・管理期の保健師研修会を開催しました。市町村、保健所等から 48 名の参加があり、一日有意義な研修会となりました。
まず、島根県看護協会の取り組みを勝部保健師職能委員長が情報提供しました。平成 26 年度の重点施策と重点事業の中に統括保健師の配置推進と系統的現任教育の構築が掲げられており、それに対する活動について説明しました。その中で特に日本看護協会作成の「保健師活動指針活用ガイド」を、ぜひ一度職場で読み合わせをし、語り合っていただきたいとお願いしました。活用ガイドについては日本看護協会のホームページからダウンロードできますので、ぜひご一読ください。

島根県からの行政説明として、藤谷健康推進課健康増進グループリーダーより、平成 25 年度に作成された「島根県保健師人材育成ガイドライン」について、構成内容や活用方法等の説明がありました。

午前中の講演は、島根県立大学出雲キャンパス 准教授 永江尚美先生より「統括的な役割を担う保健師に期待される役割」と題し、統括保健師が必要とされる背景や期待されている役割や、求められている資質について、また統括的な保健師の役割は、一人ひとりの保健師に求められている役割でもあり、その基盤を作るのは人材育成であると話されました。

午後からの講演は、日本看護協会 常任事理 中板育美先生より「地域に根ざした保健師活動の展開~保健師活動指針を踏まえて~」と題し、改訂された保健師活動指針を踏まえ、保健師活動は地域づくりであることや予防活動を重視した地域包括ケアシステム構築での保健師の役割についてお話がありました。

講演を受けて、「統括保健師に求められる、求める役割を明確化し、役割を発揮する、発揮できるようにする為の具体策を検討する」ことを目的に、グループワークを行いました。事前に各部署で作成した「組織見える化シート」と「統括保健師の役割明確化シート」を持ち寄り、現在置かれている立場が同じ部署同士で話し合いました。すでに統括保健師が配置されているグループからは、「孤独になりやすく、統括保健師同士の相談の場が欲しいし、機会の設定をしていきたい」との意見がありました。まだ統括保健師が配置されていないグループからは、「保健師の連絡会はあるが、部を越えると調整が困難である」「職場の上司等へ統括保健師配置の必要性を理解してもらい、事務分掌に位置づけてもらう努力が必要だ」などの意見があり、活発にグループワークができました。
最後に中板先生より総括していただき、「まずは統括の立ち位置を確立していくことが大切なので、保健師も行政能力をつけていくことが必要である」「保健師の分析力を活かし、組織に保健師は必要であることを理解してもらうことが重要である」と話されました。また、今後は地区診断がしっかりできる、個別支援がしっかりできる保健師を育成するための認定制度も検討していると話されました。まずは、統括保健師になって横の連携をしてほしいと結ばれました。

県との共催による初めての中堅期・管理期の保健師研修でしたが、多くの参加があり、保健師活動指針を進めるうえでも有意義な研修会でした。本日のアンケート結果を載せていますのでご覧ください。









第 1 回保健師職能研修会を開催しました !!

2015-01-20

12 月 7 日 (日) に出雲保健所において、保健師活動指針に基づく保健活動を推進するため、『今、保健師活動の原点を学び島根の活動を伝承しよう』をテーマに研修会を開催しました。
行政、事業所・医療機関・教育分野から 27 名の参加がありました。
「先輩保健師が大切にしてきたこと」の報告では、元 江津市役所 保健師 鎌田幸江さんから、PDCA を意識した地区活動をとおして住民や関係機関とともに行う健康づくりの必要性について発表がありました。また、中国電力 (株) 島根原子力発電所 健康管理センター長の西山直子さんからは、行政および事業所での保健師活動のご経験を基に、対象者を主役にした保健師の支援の大切さについて発表がありました。
基調講演は、島根県立大学出雲キャンパス 准教授 永江尚美先生より「これからの保健師に求められるもの~保健師魂を持ち続けるために~」と題して、保健師総体として求められているものや、保健活動を保健師活動に終わらせず、施策化や多職種連携を大切にした活動の重要性等についてお話がありました。
先輩からの報告や基調講演を受けて、「これから大切にしていきたいこと」や「職場で取り組んでいきたいこと」についてグループワークを行いました。行政、事業所・医療機関・教育分野の保健師が交流する機会となり、働く場所は違っても、保健師として大切な本質は同じであることを確認しあい、“自ら動き、フットワークよく所属を超えたネットワークを築いていこう”と語り合いました。

最後に、高知県の駐在保健師を題材にした感動作 映画「孤島の太陽」を視聴し、保健師としての情熱や生き様に胸を熱くしました。

アンケートでは、「日々の業務に追われる中、先輩方の保健師活動を聞くことができ、元気、やる気が湧いた。こうした研修で、他市町村等の方と交流もできて良いと思う。」「保健師としてつながり、自ら動き、情報共有していきたいと思う。」等の感想が寄せられ、日々の保健師活動への励みになる研修会となりました。

どこで働いていても、保健師職能としてのつながりを大切にしながら、住民の命を守り、QOL の向上のために予防活動を行う保健師の本質を、共に追求し続けていきたいと思います。









看護の日のつどいで「まちの保健室」を実施しました !

2014-08-07

5 月 10 日看護の日のつどいがくにびきメッセで行われ、「まちの保健室」を実施しました。
当日は血圧測定 44 件、骨密度測定 26 件、体脂肪測定 5 件を実施し、賑わいました。








平成 25 年度

保健師職能研修会を開催しました !!

2013-12-27

11 月 3 日 (日) に出雲保健所において保健師活動指針の普及と活用推進を目的に研修会を開催しました。
行政、事業所・医療機関・教育分野から 29 名の参加がありました。
事例報告では、雲南市健康福祉部次長の上村博子さんから人材育成や統括保健師の役割について、益田市福祉環境部次長村上三恵子さんからは、地域活動を基盤とした保健師の専門性等についての発表がありました。
講演は、日本看護協会中板育美常任理事より「保健師活動指針を踏まえて~これからの保健活動」と題して保健師活動の原点、今後、保健師が進むべき方向について話がありました。午後からは「島根の保健師活動の継承と新たに取り組むべきこと」についてのグループワーク等内容の濃い研修でした。
「それぞれの立場での意見や今後の活動のヒントをもらった」「病院で働いているが地域で実践している事や課題が把握できよかった」「企業訪問に役立てることができそう」「統括保健師の役割、今やるべき事が明確になった」等の今後につながる感想がたくさんありました。
「誰のために」「何のために」を念頭に置き、ぶれない保健師活動を行うためにも、常に地域を見つめながら進んでいきたいと思います。各職場でも、保健師活動指針を読み解き、できることからともに取り組みましょう。










「保健師職能ニーズ調査」(平成 24 年 12 月実施) について

2013-12-27

平成 25 年 7 月 13 日開催の第 7 回島根県看護学術集会で発表しました。






活動方針と計画

2013-09-27

  1. 活動目標
    保健師活動の体制確保と機能強化

  2. 活動方針
    1. 保健・医療・福祉・産業・教育の場で働く保健師の情報交換の場を設定する。
    2. 保健師活動指針に関する研修会を開催し、指針に基づく保健活動の推進を図る。

  3. 活動計画
    1. 研修会の実施
      保健師職能研修会 :H25.11.3(日)
    2. 保健師職能だよりの発行 : 年 1 回
    3. ホームページを活用した情報提供等
    4. 会員拡大に向けての働きかけ




平成 24 年度

活動方針と計画

2012-12-13

  1. 活動目標
    保健師間の連携強化と保健師活動の継承

  2. 活動方針
    1. 大切にしてきた島根の保健活動を次世代へ継承する。
    2. 保険・医療・福祉・産業・教育の場で働く保健師が一堂に会し、情報交換を行う場を設ける。
    3. 保健師が所属する団体が連携し、専門性を高める。

  3. 活動計画
    1. 研修会の実施
      ・保健指導ミーティング :H24.12.2(日)
      ・三職能合同研修会 :H25.1.12(土)
    2. 保健師活動調査
      ・ネットワーク構築のための現状把握とニーズ調査
    3. 保健師職能だよりの発行 : 年 1 回
    4. ホームページを活用した情報提供等
    5. 会員拡大にむけての働きかけ




保健指導ミーティングを開催しました !!

2012-12-02

平成 24 年 12 月 2 日 (日)に出雲市商工会館において、保健指導の現状を共有し、自分と対象の思考特性について理解し効果的な保健指導について検討することを目的として「保健指導ミーティング」を開催しました。39 名の参加がありました。

事例報告と合わせて、思考特性を理解するための「効き脳診断」について今野香織先生にご講演と診断方法についてのご指導をいただきました。参加者全員が「効き脳診断」により自分の思考特性を把握した上で効果的な保健指導についてグループワークを行いました。

事例報告では、主に壮年期を対象に行政、病院、事業所で行われている保健指導の現状が発表されました。特定保健指導や禁煙指導の現状と課題について参加者からも多くの質問があり、活動の参考になる事例報告となりました。「禁煙指導のやり方がわかった。産業保健師が頑張っているのがよくわかった。」「邑南町の総合的な取り組みがすばらしい。多くの人に聞いてほしい。」「経年的な評価ができていて参考にしたい。」などの感想がありました。

グループワークでは、事例報告についての意見交換と合わせて、効き脳診断の活用について話し合いました。「自分の分析ができるので、良い面悪い面を見つめなおして仕事に活かすことはできると思うが、相手には難しい。」「自分の癖を知る。」「タイプによってアプローチを変えるとうまくいくかもしれない。」といった感想がありました。一方、「何のために効き脳が取り入れられたのかわからない。事例発表がもったいない」という声もありました。

事例報告及び講演、グループワークと盛りだくさんの内容で、今後につながる有意義な研修会でありましたが、参加者の感想を受けて今後はさらによい研修内容を考えていく必要性を感じました。







交通アクセス・お問い合わせ リンク 個人情報保護方針 新型インフルエンザ等対策業務計画