協会のご案内

会長挨拶

皆様には日頃より、公益社団法人島根県看護協会の事業推進に、ご支援ご協力を頂きありがとうございます、
本会は、看護の資格 (保健師・助産師・看護師・准看護師) を持つ看護職が任意に加入し、看護職の活動を支援する職能団体です。使命に「人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々 の健康な生活の実現に貢献する」を掲げ活動しています。
昨年来、新型コロナウイルス感染症がまん延し、看護職の皆さまには、それぞれの職場や社会生活において、感染予防や感染者の対応、ワクチン接種など、医療を支える専門職として最善を尽くして頂いていることに敬意と感謝を表します。本会におきましても、引き続き支援を続けて参ります。
令和 3 年度の通常総会は、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、参加者を例年の 3 分の 1 程度に縮小して開催しました。役員の改選を行い、新体制で活動をスタート致しましたのでよろしくお願い致します。
少子超高齢、多死社会、人口減少等人口構造が大きく変化する中で、「医療」と「生活」の両方の視点でケアができる看護職の役割拡大と期待は益々高まっています。時代の変化や社会のニーズに応えられるよう、本会事業におきましても、看護の将来ビジョンに示されている「人々の生涯にわたり、生活と保健・医療・福祉をつなぐ看護」をめざし、役割を発揮するための体制づくりや課題解決に向けて、取組んでまいります。
令和 3 年度は重点政策を 5 項目、重点事業 11 項目を掲げて、事業を進めていきます。また、看護の担い手の確保も大きな課題です。看護の魅力を発信し看護の道に進む人材の確保、やりがいを持って働き続けられる環境作り、潜在看護職の復帰支援等、今年度はさらに強化して取り組みます。
今、新型コロナウイルス感染症に係る対応等も含め、会員の皆さま、看護職の皆さま、そして本会にとっても、大変厳しい状況にあります。今年度は困難に立ち向かい、チャレンジの年になるかと思いますが、そのような時だからこそ共に力を合わせて、未来へとつながる礎となる年にしていきたいと思います。みなさん一緒に頑張りましょう。

令和 3 年 6 月
公益社団法人 島根県看護協会
会長 秦美恵子

協会理念

島根県看護協会の基本理念
基本理念とは、価値判断の基準であり、組織の方向性を示し、優先順位を判断し、すべての活動を正しい方向に導く最上位に位置する考え方です。
本会の基本理念は、「使命」「活動理念」「基本戦略」から構成されます。使命とは島根県看護協会の目的を示し、活動理念とは使命を達成するための活動方針を示し、基本戦略とは使命を効果的に達成するための実現手法を示すものであります。

1. 使命

人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々 の健康な生活の実現に貢献する。そのため、
  • 教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図る
  • 看護職が生涯を通して安心して働き続けられる環境づくりを推進する
  • 人々のニーズに応える看護領域の開発・展開を図る

2. 活動理念

  • 看護職の力を変革に向けて結集する
  • 自律的に行動し協働する
  • 専門性を探求し新たな価値を創造する

3. 基本戦略

看護の質の向上、看護職の働き続けられる環境づくり、看護領域の開発・展開の 3 つの使命に基づく事業領域において、政策形成、自主規制、支援事業、開発・経営、広報、社会貢献の 6 つの実現手法を用いて、人々の健康な生活の実現を図るものである。

協会事業

令和 3 年度 重点事業・事業計画の概要

重点政策・重点事業は日本看護協会の方針を踏まえながら、島根県の実情を考え理事会で決定しました。事業は単年度で達成するものではなく、一定の期間をもって進めることが必要であると見込んでいますので、昨年度のⅠ~Ⅳの重点事業を継続し , 新たにⅤ「地域における健康危機管理体制の強化」を加えて実施します。

Ⅰ 健康と療養のための地域包括ケアを支える看護提供体制の構築

Ⅰ-1 地域における健康・療養支援の強化

Ⅰ-2 母子支援のための安心・安全な地域包括ケアシステムの推進

Ⅰ-3 訪問看護師の育成・確保・定着

Ⅱ 看護職の働き方改革の推進

Ⅱ-1  勤務環境の改善に向けた取組み
Ⅱ-2 ナースセンター機能の強化

Ⅲ 看護職の役割拡大の推進と人材育成

Ⅲ-1 看護師の特定行為研修制度の普及促進
Ⅲ-2 新たな認定看護師制度の普及促進

Ⅳ 看護師基礎教育制度改革の推進

Ⅳ-1 看護師基礎教育の 4 年制化の推進
Ⅳ-2 准看護師の課題解決に向けた取組み

Ⅴ 地域における健康危機管理体制の強化

Ⅴ-1 災害発生時における看護支援活動の整備
Ⅴ-2 新型コロナウイルス感染症等の対応体制の整備

協会の沿革

年度 主なできごと
1947(昭和 22) 年度 日本産婆看護婦保健婦協会島根県支部を設立
1951(昭和 26) 年度 社団法人日本看護協会島根県支部 (保・助・看 3 支部) を設立
1954(昭和 29) 年度 日本看護協会保健婦会・助産婦会・看護婦会の各島根県支部を設立
1974(昭和 49) 年度 松江市母衣町 55 番地に協議会事務所を設置
島根県ナースバンク発足 (島根県委託)
1979(昭和 54) 年度 会館建設委員会発足 (会員一人 3 万円の建設資金積み立て)
1980(昭和 55) 年度 社団法人島根県看護協会設立総会
1983(昭和 58) 年度 島根県看護研修センター竣工
1984(昭和 59) 年度 日本看護学会母性看護分科会を開催
1987(昭和 62) 年度 出雲市にて両親学級開始
訪問看護モデル地区事業開始
1989(平成元) 年度 国から無料職業紹介所設置許可を受ける
1990(平成 2) 年度 島根県看護協会創立 10 周年記念事業実施
1992(平成 4) 年度 訪問看護ステーションやすらぎ開設
1993(平成 5) 年度 島根県から「島根県ナースセンター」の指定を受ける
看護管理者ファーストレベル研修開始
1995(平成 7) 年度 島根県立看護短期大学が開学される (看護学科設置)
1997(平成 9) 年度 訪問看護ステーションいずも開設
1998(平成 10) 年度 訪問看護ステーションおおだ開設
1999(平成 11) 年度 島根医科大学医学部に看護学科が設置される
2000(平成 12) 年度 島根県看護協会創立 20 周年記念事業実施
2002(平成 14) 年度 島根県看護協会新シンボルマーク制定
島根県看護協会のホームページを開設
2003(平成 15) 年度 出雲市内で「まちの保健室」開設
訪問看護ステーションそよかぜの丘開設
2004(平成 16) 年度 第一回島根看護学術集会開催
2007(平成 19) 年度 認定看護管理者セカンドレベル研修開始
2010(平成 22) 年度 島根県看護協会創立 30 周年記念事業実施
2011(平成 23) 年度 公益社団法人への移行・新定款承認〔通常総会〕
看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ開催 (日看協共催)
島根県保健師助産師看護師実習指導者養成講習会開催 (平成 25 年度と 2 回開催)
看護研修センター別館として隣接土地・建物を購入、研修施設へ改修
2012(平成 24) 年度 公益社団法人島根県看護協会設立登記 (4 月)
会員数 5,373 人 (10 月時点)
島根県立大学出雲キャンパスに看護学部が設置される
第 43 回日本看護学会・小児看護学術集会開催 (日看協共同開催)
認定看護管理者教育ファーストレベルを毎年開催に変更
2013(平成 25) 年度 ナースセンターの総合拠点化に向けた取組実施
助産師出向支援導入モデル事業 (日看協) への参加
災害時における医療救護活動協定を島根県と県 4 師会で締結
(医師会・歯科医師会・薬剤師会・看護協会)
2014(平成 26) 年度 助産師出向支援導入事業開始 (島根県委託) 〔継続中〕
看護師職能委員会にⅠ (病院領域)、Ⅱ (介護・福祉施設・在宅等領域) を設置
2015(平成 27) 年度 看護労働と看護の質向上のためのデータベース (DiNQL) 事業普及促進 〔~令和元年度〕
助産師実践能力習熟度段階レベルⅢ認定制度開始 (2 年間で 114 名)
訪問看護研修事業開始 (島根県委託) 〔継続中〕
介護職員等によるたんの吸引等の実施ための第 3 号研修事業開始 〔~平成 30 年度〕
ハローワークとの連携強化事業開始 (移動ナースバンク開設) 〔継続中〕
2016(平成 28) 年度 看護職の労働環境の整備の推進事業開始〔継続中〕
在宅を支える訪問看護の普及事業実施〔継続中〕
介護施設等における看取り研修事業実施〔継続中〕
看護職連携構築モデル事業実施
2017(平成 29) 年度 第 48 回日本看護学会・精神看護学術集会開催 (日看協共催)
看護職員認知症対応力向上研修事業開始 (島根県委託) 〔継続中〕
2018(平成 30) 年度 特定行為の普及促進事業開始 (島根県委託) 〔継続中〕
中国・四国地区法人会員会・法人会員連絡会開催〔本県当番〕
2019(令和元) 年度 島根における看護基礎教育を考える会を開催 (日看協共催)
訪問看護ステーション出向研修事業開始〔継続中〕
2020(令和 2) 年度 地域の医療体制確保のための看護職員派遣調整事業実施 (日看協委託)
訪問看護ステーションそよかぜの丘駐車場用地購入
島根県看護協会創立 40 周年記念事業実施

協会概要

島根県看護協会の組織図は下記の PDF をご覧ください。

情報公開

定款・細則

決算

会員数

令和 3 年度末 5,933 名

育児復帰支援

本会の育児休業取得職員の休業の取得や職場復帰を「育休復帰支援プラン」等により、支援します。

入会のご案内

島根県看護協会は、保健師・助産師・看護師・准看護師が自主的に会員となり運営する職能団体です。“県民の健康な生活”をめざして質の高い看護サービスを提供するとともに、看護職が安心して働き続けられる環境づくりを推進するための活動を行っています。あなたの力を、声を、島根県看護協会へ届けてください。

1.入会の特典

「看護職賠償責任保険制度」に加入できます。
・2021年10月からはじまった「福利厚生サービス」をご利用頂けます。

・認定看護管理者・専門看護師・認定看護師等の資格認定や研修、学会が会員料金で受講できます。

・日本看護協会、島根看護学術集会で発表ができます。

・島根県看護協会広報誌「あかね雲」、日本看護協会ニュースで最新の医療・看護情報をお届けいたします。

・会員専用ページ「キャリナース」へのアクセスができ、研修履歴等の情報の確認や看護関連の文献が検索できます。
・災害・慶弔見舞金を贈ります。

・島根県看護研修センターの図書室が利用できます。

2.入会資格

島根県内の施設に勤務または居住している方で、保健師・助産師・看護師・准看護師の免許を持つ方

3.会費について

入会金

10,000円(税込)

新規入会、再入会(2年以上未加入者)
他県からの移動者

年会費

16,000円(税込)

内訳 島根県看護協会費11,000円
    日本看護協会費 5,000円
(会員で他県より移動の方は、当該年度のみ不要)

研修センター
運営基金積立金

2,000円(税込)

研修センターの維持管理、修繕、改修
将来の会館建設のための基金

【内訳】

継続入会の方
(年会費+研修センター運営基金積立金)

18,000円

新規・再入会の方
(入会金十年会費+研修センター運宮基金積立金)

28,000円

他県から中途転入の方
(入会金)

10,000円


4.会員期間

4月1日~翌年3月31日
※年度途中入会の場合は、入会日から入会年度の3月31日までになります。
※次年度は、登録内容変更や退会届がない限り、自動継続となります。

5.入会手続き

WEBからの入会申込み

・申込書での入会申込み

まずは県協会に電話・メール・FAXでご連絡頂き、入会申込書をお取り寄せください。

入会申込書をご記入頂きましたら次の方法でお送りください。

 

①所属施設で入会する方・・・施設の入会担当者の方にグレーの封筒に入会申込書を入れてお渡しください。担当の方が施設でまとめて会員登録事務局に郵送されます。

 

②個人で入会する方・・・オレンジの封筒に入会申込書を入れ、次の郵送先までお送りください。

〒206-8790

日本郵便株式会社 多摩郵便局 私書箱第21号

公益社団法人日本看護協会・都道府県看護協会 会員登録事務局 宛


6.会員情報変更手続き

入会後、転居・改姓・転職・退職等により会員情報に変更がある場合は速やかに、情報変更をして頂きますようお願いします。
変更方法は以下の3通りあります。

①会員専用WEBページ「キャリナース」より変更をする。スマートフォン、パソコンで簡単に変更ができますので、ぜひご利用ください。
②会員情報変更届を取り寄せて変更する。まずは本会までご連絡ください。
③施設代表者の方が変更手続きをする。会員情報変更FAX送信票をダウンロードしていただき、県協会宛にFAXにて送信ください。

7.その他お知らせ

〇次年度の継続手続きについて

 令和3年10月27日以降に、日本看護協会より所属施設又はご自宅あてに令和3年8月末までに申請いただいた情報で作成した「2022年度継続のお知らせ」が発送されます。次年度の継続手続きについてご不明な点等ございましたら本会までご連絡ください。なお、施設に既に退職された方にお知らせが届いた場合は、お手数ですが本会までご連絡ください。

注意!退会される方・県外へ転出される方 
12月末までに島根県看護協会へご連絡ください。
12月末までにご連絡がない場合、会費納入方法が口座振替の方は島根県看護協会費が自動的に令和4年1月27日に引き落とされます。
※他県への転出について未定の場合、本会へご連絡ください。次年度の会費納入を一旦、保留にすることができます。

〇災害・慶弔見舞金について

会員(正会員、名誉会員)が罹災、死亡された場合、島根県看護協会から罹災見舞金又は死亡弔慰金を贈ります。支給手続きについては「公益社団法人島根県看護協会災害・慶弔見舞金規程」をご確認ください。
申請は「罹災見舞金申請書(様式 1 )」又は「死亡弔慰金申請書(様式 2 )」をダウンロードしてご使用ください。

 

8.退会手続き

退会届に必要事項を記入し、永年会員証と共に島根県看護協会へ郵送してください。なお、施設会員の方は施設担当者へご確認ください。
・育児休業等で一時的に会費納入等を見合わせられる場合、休会制度はないため、退会手続きが必要となります。
・未加入期間が1年であれば、入会金なしで再加入できますが、2年以上となった場合は入会金が必要となります。
・退会届は退会希望年度の前年の年度末までに提出してください。

■入会等に関するお問い合わせ先
島根県看護協会 総務担当  TEL 0852-25-0330